育毛剤・育毛サプリメント・育毛シャンプーどれを使えばいい?

育毛剤・育毛サプリメント・育毛シャンプー、どれを使えばいい?

 

M字薄毛の進行を抑え、育毛していくためのアイテムとして、育毛剤・育毛サプリメント・育毛シャンプーなどがありますが、どれを使うといいのでしょうか?

 

もちろん全部使うことが出来ればそれが一番効果的なんですが、やっぱり育毛系は値段が高いので金銭的に余裕がないと全部使うのは難しいんですよね。

 

というわけでこのページではどのようなケースでその育毛アイテムを使うべきなのか、どのような役割を持っているのかを紹介して行きます。

 

育毛剤にはどんな役割があるのか

 

育毛剤には発毛の効果を認められた有効成分が配合されています。

 

この有効成分の効果が発揮できる配合量で配合されている育毛剤は『医薬部外品』と表記され、薬と化粧品の中間にあたります。

 

なので発毛を期待している方はこの有効成分が配合された医薬部外品の育毛剤を選ぶと良いでしょう。

 

有効成分は、グリチルリチン酸2Kと、センブリエキス、セファランチンの3種類です。

 

セファランチン

タマサキツヅラフジの魂根より抽出されたエキスで、脱毛症などに対し、改善効果などが認められた有効成分です。
プランテルでは血流を促進し、育毛しやすい地肌を整える役割として配合されています。

 

グリチルリチン酸2K

甘草の根から抽出されるエキスで傷や炎症を抑える効果のある有効成分です。
プランテルではフケやかゆみを抑えるものとして配合されています。

 

センブリエキス

血液促進や細胞活性化作用で発毛も促進する有効成分です。
プランテルでは発毛を促進する役割として配合されています。

 

これら3種類を配合することによって、ストレスや男性ホルモン、加齢の影響により起きた毛髪周期の乱れを整え、頭皮・毛髪が持つ本来の姿へ導きます。

 

M字薄毛専用の育毛剤プランテルにもこの有効成分が配合されています。

 

この成分以外にも育毛剤には薄毛をこれ以上発展させないように男性ホルモンを抑制する成分や、皮脂の過剰分泌を抑える成分などが配合されています。

 

育毛剤はこのような多くの栄養素を直接頭皮に送り込むことが出来るので、髪が細くて悩む人、ボリュームがないと感じる人、髪が生えてもすぐに抜けやすい人などにお勧めです。

 

また頭皮の毛細血管の血流を良くしてくれる効果もあり、そこから栄養素を送り込むこともできます。

 

なので育毛剤1つで外側と内側からの両方で栄養素を与えることが出来るのです。

 

育毛サプリメントにはどのような役割があるのか

 

育毛サプリメントは栄養補助食品であり、不足している栄養素をサプリで補うものであって、発毛を促進するものではありません。

 

わかりやすく言えば、薄毛の原因を取り除くために必要なものなので、サプリメントだけではすでにハゲてしまった部分を元通りにすることはできません。

 

なので育毛剤と併用しなければいくらサプリを飲んでもふさふさの髪の毛にはなれません。

 

育毛剤の効果をより実感するために発毛環境を内側から整えることが育毛サプリメントの役割です。

 

育毛サプリメントを併用して使うべきケース

 

頭皮環境によくないと知りながらも、タバコやお酒が止められない、夜更かしや夜遅くまでの飲み会、頻繁な外食、仕事や家庭のストレスがきつい…と言った方は併用して使う必要があります。

 

身体の健康は髪へも影響を及ぼしますから、このような不規則な生活や、ストレス・運動不足などにより、身体のダメージが蓄積している状態では、いくら育毛剤を使っても、末端組織である髪のリカバリーは優先されません

 

そこで育毛サプリメントを使って、栄養不足状態に陥っている髪と頭皮に必要な栄養素を送り込みます。

 

内側から乱れたヘアサイクルやホルモンバランスに働きかけます。

 

育毛剤を使い続けているのに効果がなかなか実感できない方は育毛サプリメントを併用すれば実感力が促進されるかもしれません。

 

育毛シャンプーにはどのような役割があるのか

 

育毛シャンプーの役割は、シャンプーの洗浄力の効果を使って頭皮の環境を洗浄することが目的です。

 

なので育毛シャンプーは頭皮の環境を整える目的として開発されたものなので、発毛効果はありません。

 

なので育毛剤と併用しなければいくらシャンプーを使ってもふさふさの髪の毛にはなれません。

 

育毛剤の効果をより実感するために発毛環境を外側から整えることが育毛シャンプーの役割です。

 

育毛シャンプーは普通のシャンプーとどう違うのか?

 

育毛シャンプーは頭皮の古くこびりついた皮脂、老化した角質を洗浄によって取り除き、綺麗で毛が育ちやすい頭皮へと導きます。

 

これらは通常のシャンプーでも出来そうですが、通常のシャンプーではしっかりとした泡立ちと洗浄力を出すために合成界面活性剤を用いているので、頭皮に最低限必要な天然の皮脂成分まで洗い取ってしまいます。

 

すると頭皮を守ろうとして、皮脂を過剰に分泌する事になり、結果、毛穴に皮脂が詰まってしまい、髪がその分細く弱い毛が育つことになってしまいます。

 

他にも髪のつやを出すためにシリコンが入っていますが、こちらも毛穴につまるので太くしっかりとした毛が生えてくるのを邪魔してしまうんです。

 

ですが育毛シャンプーの場合は、洗浄力の強すぎる界面活性剤を使っておらず、頭皮の余分な油分はしっかりと残しつつ、頭皮の古い角質や皮脂を洗い取ってくれるので頭皮環境を問題なく正常化してくれます。

 

太くて抜けにくい毛を育てるために育毛シャンプーを使って頭皮環境を整えましょう。

 

結論!発毛を期待するなら育毛剤!サプリとシャンプーは抜け毛予防と育毛剤のサポートアイテム

 

というわけで発毛効果があるのは育毛剤のみで、すでに薄毛が進行してしまって毛を増やしたい場合は育毛剤を使う必要があります。

 

サプリメントとシャンプーは抜け毛を予防したり、育毛剤の発毛効果をより実感しやすくするために頭皮環境を整えるサポートアイテムのような役割をしていました。

 

なので基本は育毛剤を使用し、効果や生活環境に応じて、育毛サプリメントや育毛シャンプーを併用していくようにしましょう。

 

M字型専用の薬用育毛剤はプランテルだけ

 

※育毛サプリ・育毛シャンプーもプランテルからM字型専用で出ています。
以下の公式ページよりサプリやシャンプーも購入することが出来ます。

 

M字型のための育毛剤プランテル≪全額返金保証付きページ≫

 

プランテルのここがおススメ
  1. M字型に特化した厚生労働省認可の薬用育毛剤!

    ※M字型に特化した育毛剤は他にありません。

  2. 育毛、薄毛、脱毛の予防、毛生促進、

    発毛促進の効果効能表現が可能です(医薬部外品のため)

  3. 全額返金保証制度による効果保証!

    1日あたり約139円というお手軽な価格です!